2017年02月25日

哺乳瓶拒否の対処法@

最近離乳食効果なのか、うんちが大人並みに硬くなってきました。
中々の臭いで初めてトイレに流したよね。
背中漏れしにくくなったのは良いのかなぁ。

今日の話はおむつもうんちも関係ありません。
夫婦で頭を抱えて困った『哺乳瓶拒否』について書きたいと思います。

baby_jyunyu_honyubin.png

【哺乳瓶拒否と乳頭混乱】

『哺乳瓶拒否』は直母で飲み、哺乳瓶から飲むことを拒否する状態です。
『乳頭混乱』はその逆で、哺乳瓶からは飲むけれど母乳を拒否する状態です。

私の場合は前者でした。


【定期的な哺乳瓶練習】

baby_honyubin.png

私は完全母乳育児です。
けれど、生後3か月過ぎまでは2週間に1回位は哺乳瓶で母乳を与えていました。
理由は哺乳瓶を使う機会がいつ来るか分からないから。
私が1人で外出せねばならない時、病気になって薬を飲まなくてはならない等・・・。

しかし4か月頃から哺乳瓶を使うのをやめてしまいました。
理由はそう・・・


めんどくさいから。


「こいつ本当にめんどくさがりだな。」って思った方。
あなたは正しいです。

でもでも搾乳するのも時間かかるし、
直接飲んでもらった方が胸の張りもすぐ楽になるし、
哺乳瓶洗うのめんどく・・・(´Д`)フゴフゴ


定期的な哺乳瓶使用を続けていたら、そしてこの時ミルクも与えていたら・・・結果は違っていたのかもしれません。(大袈裟)


【生後5か月。哺乳瓶拒否、始めました。】

baby_honyubin (1).png

ちょうど息子が6か月になりたての時期に、私が一人で外出する予定がありました。
結婚式への参列でしたので、6〜7時間は家を空けることになります。

旦那と二人でお留守番してもらうわけですが、1番の課題は「授乳」です。
これまで、たまに哺乳瓶を使っても問題なく飲んでくれたので特に心配しておらず。
この時生後5か月。
「一応早めから哺乳瓶の練習しておくか。」という軽いノリでミルクをあげてみたら・・・


ぎゃん泣き。(´◉◞౪◟◉)アレッ?


久しぶりだからびっくりしたのかと思い、再度試すも・・・


首を振ってぎゃん泣き。

明らかに哺乳瓶の乳首を嫌がってる。
口に触れると「うえーっ」ってすごく苦い表情。

10分ほど格闘するも、哺乳瓶が視界に入ると顔を背ける。
口に近づけようもんなら首を横に振って、パンチパンチパ〜〜〜ンチ。(不憫な哺乳瓶)

あまりこじらせると危険だと判断した私たちは、一旦この日は引き上げることに。
この後、夫婦で200mlのミルクが入った哺乳瓶を囲みながら作戦会議を行うのでした。


【哺乳瓶拒否なのか?ミルク拒否なのか?】

kangaeruhito.png

まさかの事態にうろたえる私と旦那。
タイムリミットは1か月弱。
それまでになんとか克服しないといけない。

「哺乳瓶拒否の克服法」としては、

・哺乳瓶の種類を変えてみる
・めげずに何度もトライ
・ミルクの種類を変えてみる


など様々ですが、その前にまずハッキリさせるべきこと。

『哺乳瓶拒否なのか?ミルク拒否なのか?』

「突然ミルクを飲まなくなり哺乳瓶拒否だと思っていたが、ミルクの種類を変えたら飲むようになった!」
なんて話、よく聞きませんか?

私の場合で言うと、拒否する対象が哺乳瓶ではなくミルクの可能性があるという事。
だから、『中身が母乳なら哺乳瓶から飲むんじゃないか?』


翌日試してみました。
40mlほど搾乳して機嫌が良いときに哺乳瓶で与えてみる。
結果・・・


断固拒否。
そして超絶機嫌悪くなる。


哺乳瓶拒否デマチガイナイ。

figure_zasetsu.png


ここからあの手この手で格闘するのでした。
果たして結婚式までに克服できたのか・・・?

長いので次に続きます。

試した方法などご紹介していくのでどうぞお付き合いくださいませ。


スポンサーリンク

posted by てんぷらこ at 23:13 | Comment(0) | 母乳・授乳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月01日

授乳中に暴れるのはなぜ?どう対処する?

最近、夜泣きが始まった疑惑でハラハラしている私です。
気のせいであってほしい。


さて、うちの息子は「寝かしつけ=授乳」なんですが、
授乳時に赤ちゃんが暴れることってありませんか。

うちの子の場合、生後2か月頃から暴れ始めました。(毎回ではないけれど)
特に夜の就寝前の最後の授乳でよく暴れる。

手をぶんぶん振り回してパンチ
足をじたばた蹴る
頭をフリフリ


色んな所をパンチされて痛いは、暴れて口が外れてさらにぎゃん泣きするは、もう散々でした。
そこで授乳中に暴れる息子のパンチから逃れつつ、理由を調べてみました。

akachan_cry.png

@母乳があまりおいしくない。

母乳がまずくて赤ちゃんが文句を言うそうです。(文句とかかわいいね)
たしかに食生活・・・心当たり大あり。
チョコとかチョコとかチョコとか・・・甘いものとか食べまくってたから。

でも、暴れるのは毎回ではなく1日のうち3割くらいの回数。
だから違いそうだなと思いました。

A母乳が出すぎている・出ていない。

母乳が出すぎて飲み辛いから怒る。
出ていないときはおっぱいを引っ張るようにして暴れる。

たまにむせてはいるけれど、怒ってはいない。
口を離した後に絞ると普通に出る。
何ともいえないけれど、これらの理由や暴れ方からして違いそう。

B周りに気になることがある

授乳よりも気を引かれるものがあると、
授乳どころじゃなく暴れるそうです。

Cお腹が空いていない

お腹が空いていないのにおっぱいを咥えさせられて怒る。

でも離しても怒るしなぁ、、

D便秘である

便秘でお腹が苦しくて暴れる

便秘ではないから違う。
virus_benpi.png

調べて出てくることは何だか当てはまらなそうでした。

そこからしばらく暴れている最中・前後を観察すると、
理由が分かってきました。

【うんちが出そう。便意がある。】
unchi_character.png
暴れている姿を見ると、「落ち着かないな」と感じていました。
「なんでこんなに落ち着かないんだろう。」と考えていると、、

ぶりぶりぶりっ

( ゚Д゚)!!

うんちすることが何度か続き確信。
あぁ・・うんちでそうで落ち着かず、暴れるのは気張っていたのか・・・と。

「授乳よりも気になることがある」という点ではB周りに気になることがあるにも当てはまるのかな。

授乳を始めると、刺激になってうんちをすることはよくありましたが、しっかりお気張りをするようになったんですね。

それが分かるようになってからは、こちらもうんちをされる心構えが。
暴れ始めたら、息子の肛門付近に空洞が出来るように抱く位置を調整。
(息子のおしりがぴったりどこかにくっついてると、うんちの逃げ場がなくうんち漏れにつながる・・・)

この時は暴れて口が離れても泣きません。
むしろ、ランランと良い目をしています。
だから、「え?なんなん?」って話しかけては授乳・・・を繰り返すとそのうちにぶりぶりします。

口が離れた時に泣くのは、次の場合かも・・・

【眠い!!】
suimin_rem.png
これは特に夜の就寝前ですね。
ただ眠いだけなら、ちょっと授乳したらコテンとなるんですが、MAXに眠いときはスムーズに眠りに入れずに、
「あぁ〜〜〜何なのこの感覚!!こわい!!気持ち悪い!!」という状態で暴れてます。
この時の暴れ方は、うんちの時よりも凄まじく、口が離れると泣きを伴います。

また咥えさせるけど暴れてまた外れてぎゃん泣き。
ラチが明かない。

<対処法>

授乳をいったん止めて抱っこで落ち着かせる。
それでもダメなら、布団に置いて5〜10分泣かせておく。(最終手段)


荒療治ですが・・・笑

でも、錯乱状態の時に同じことを(授乳)何度したって上手くいかないんです。
だから気分転換というか、違うことをしてみよう、と。

もちろん抱っこでダメなら、絵本を読むとか、遊んであげる・・・でもいいと思います。
でも、そんなに眠いんだからもう寝かせてあげたい。
遊んで目がさえちゃってもなぁ・・・と。
だから極力抱っこでゆらゆらしてみる。
それでもぎゃん泣きなら、一旦布団に置いて泣いてるのを見守ってみる。

正直、放置しているようで罪悪感はありますが、この後に授乳すると暴れることなくストンと寝ます。

これ、暴れない時でも同じです。
30分授乳しても寝ないときは一旦布団に置いちゃって、5〜10分見守るんです。
もちろん泣きますけど、その後に授乳をすればストンと寝付く。

「一旦まとめて泣けば、すっきりして寝やすくなるんではないか。(疲れるだろうし)」と思います。

これをする時って私も疲れ切ってるので、抱っこしながら泣かれるの堪えるんです。
だから、一旦離れて(危ないから泣き声は少しは聞こえる位置に)深呼吸して落ち着く。
そうしてから息子のもとにいけば、不思議と大きな気持ちで接することができます。
akachan_mother.png
『放置=ほったらかし』じゃありません。
布団で泣いてる間も話しかけたり、様子をみたりはします。
でもずーーっとそれを抱っこして頑張っちゃうと自分がもたない。
息子に優しくできる余裕がなくなっちゃう。

それはお互いに良くないと思ったので、一旦置いて泣いてもらう。
そのすきに私は自分を落ち着かせる。(お茶飲んだりして)

ママの精神状態って赤ちゃんに伝わりますからね( ゚Д゚)


ちょっと話がそれましたが、うちの場合は授乳中に暴れる理由はこの2つでした。(雑)

スポンサーリンク

posted by てんぷらこ at 15:45 | Comment(0) | 母乳・授乳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月06日

母乳育児P寝ていても起こして授乳すべきか。

前回までの記事で、大体の授乳への悩みは書かせていただきました。

2か月過ぎからは私も息子も、授乳の“コツ”を掴めてきました。
母乳量も増えてきて、息子も一回にたくさん飲めるようになったので、1回の授乳時間が20分くらいまで短縮。
(夜は別ですが・・・)

同時に乳首の痛みも楽になってきて、

「やっと母乳の悩みなくなってきたかも〜」

って、ことはなかった。

お次の悩みは【おっぱいの張り】

産後2か月頃って、おそらく母乳の分泌がピークな時期。
私も例外ではなかった。
2時間空くと、おっぱいが張って痛くなってくる。

日中は2時間おきくらいにあげていたので、まだ良かったが、問題は夜間授乳。
うちの息子は生後2か月過ぎ頃から、夜は割とまとめて寝てくれる子だった。
大体5〜6時間くらい。
周りからは「うらやましい!」と言われ、確かに私も嬉しいんだが、別の問題が出てくる。


【おっぱい爆発するんじゃないか問題。】

授乳間隔が2時間でも張るのに、5〜6時間も空いたら、それはそれはとんでもないことになる。
痛いと横向きで眠れないし、痛みで目が覚める。

1度息子が続けて7時間寝て、私も疲れが溜まっていて同時に起きると、おっぱいの痛みで布団から立ち上がれなかった。
旦那に起き上がるのを手伝ってもらうレベル。。

本気でおっぱいが爆発するんではないかと思った。ボカーーン

ちなみに1か月〜2か月くらいまでも、4時間以上寝る時があった。(昼夜の区別ついていたのかも?)
産院では、寝ていても3〜4時間おきに授乳しましょう。(脱水とか心配だから)という指導。

月島の桶谷式助産院でも同じように言われる。
特におっぱいマッサージをした日は血流が良くなってるから、3時間空かないように、と。
その日はそれを守った。
次の日も守った。

が・・・浮かんでくる疑問。

【寝てるの起こしてまで授乳するべき?】

寝てるなら寝かせてあげたい。起こされるの嫌そうだし。
⇒でもおっぱい爆発しそうになる。

ということで、息子は寝てても私は3〜4時間おきに起きて、搾乳することにした。
(いずれ一晩寝るようになるんだしね)

せっかく寝てくれてるのに、自分が続けて寝れないのはとても悔しかったけど(´Д`)
夜な夜な一人寂しくおっぱいを絞ってました。

しかし、どれくらい絞ればいいんだ?

【張って辛い時、どれくらいの量を搾乳すればいい?】

“すこし楽になる程度”にとどめるのが良いです。
どうしても、すっきりするまで絞りたくなるけれど、その分母乳が作られて益々張ってしまうので、すっきりする手前までがいいです。
兼ね合いが難しいんですけどね。。

逆に母乳量を増やしたい時は、授乳後に少しでもこまめに絞ると良いかと思います。
(私はそれで効果ありました。)

【授乳前は搾乳するといい】

後はこの時期どうしてもすぐに張るので、毎回、授乳直前は軽く搾乳してました。
もし、張っていて咥えにくそうな状態だったら乳輪周りが柔らかくなるまで絞った方が良いです。

ピーク時は夜間は100ml位絞ってから授乳してたので、泣かせてる時間があって大変でしたが、3か月過ぎからは分泌も落ち着き始めました。
4か月くらいからは、6〜7時間空いても絞らずそのまま飲ませても大丈夫になりました。(パンパンで痛いけれど)

でも本当は毎回授乳前は軽く搾乳した方がいいらしいですね。
“(作られて時間が経った)古い母乳”が溜まっているので、それを出して新鮮な母乳を与えるということだそうです。

【授乳間隔】

最後に授乳間隔のお話を。
桶谷の先生によると、3か月位からは意識して授乳間隔を3時間はあけるようにした方が良いそうです。
1日の授乳回数が6〜8回になるように。

家だとすぐにおっぱい求められても、外出したりすると他に意識がいって割とあいたりします。
彼らおっぱいくらいしかこの世の楽しみ知らないから、家にいるとそればっかりになりがちですから。

(私は1日の授乳回数が6回くらいになったのは3か月くらいでした。
2か月過ぎごろから日中は最低2時間はあけるように、あやしたり散歩して乗り切りました。)


これで一旦母乳育児の話は終わりにしようと思います。

ここまで読んでくださった方、ありがとうございました。

スポンサーリンク

posted by てんぷらこ at 23:57 | Comment(0) | 母乳・授乳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。