2017年02月28日

哺乳瓶拒否の対処法B

絶賛哺乳瓶ボイコット中の息子くん。

前回までの記事はこちらをお読みください。↓
哺乳瓶拒否の対処法@
哺乳瓶拒否の対処法A

試した方法続きです。


【D哺乳瓶の乳首を人肌に温める。】

当たり前ですが、おっぱいは人肌です。(ホント、当たり前。)
でも哺乳瓶の乳首はゴム製なので、そのままだと少し冷たいです。
その冷たさを嫌がる赤ちゃんがいます。(デリケートなのね)
なので乳首を人肌の温かさにすると、すんなり受け入れることがあるそうです。

ということで、お湯で乳首を温めて咥えさせます。

<効果>

なしっ!
「そーいう問題ではないんです。」って顔されました。


【E哺乳瓶(or乳首)の種類を替える】

baby_honyubin (1).png

これまで使用していたのは「母乳実感(乳首Sサイズ)」でした。
母乳実感と言えば母乳育児をするママたちから絶大な支持を得る商品です。
おっぱいに近づけて作っていて乳頭混乱を起こしにくいそうです。

だから、「母乳実感で拒否されてると他の種類にしても絶望的なんじゃ・・・」

という思いが頭の中をよぎりましたが、とりあえず試してみよう。
といっても試したのは2種類です。

●母乳実感で乳首サイズを替えてみる。

乳首のサイズが合っていないと飲みづらいので嫌がることがあります。

長らくSサイズを使用してきましたが、月齢的にはMサイズが合うはず。

*母乳実感乳首サイズ*
-------------------
S:1か月頃から
M:3か月頃から
L:6か月頃から
-------------------

<効果>

全サイズ共全滅でした。

よし、哺乳瓶種類替えよう。

●ピジョン スリムタイプ哺乳びん
ピジョン スリムタイプ哺乳びん 耐熱ガラス製 240ml【楽天24】[ピジョン 哺乳瓶 ガラス] - 楽天24
ピジョン スリムタイプ哺乳びん 耐熱ガラス製 240ml【楽天24】[ピジョン 哺乳瓶 ガラス] - 楽天24

母が実家に用意してくれていたものです。
生後1か月過ぎまではこちらをよく使っていたので、一縷の望みをかけて・・・

<効果>

なし。
はい、哺乳瓶以外にしてみよう。

お金も時間もあれば、もう数種類試しても良かったのですが・・・。


【F哺乳瓶以外にする】

figure_zasetsu.png

もう哺乳瓶はだめかも・・・。
じゃあ他の手段で与えよう。

●ストロー:いきなりストローマグ

一般的にはストローは8か月頃から。
でも、見つけました。5,6か月からストロー練習できるやつ。

『 いきなりストローマグ』

アクリア いきなりストローマグセット(ピンク)【送料無料】 - トイザらス・ベビーザらス
アクリア いきなりストローマグセット(ピンク)【送料無料】 - トイザらス・ベビーザらス

コップの蓋部分を指で押すと、勝手に飲み物が上がってくるんです。
それを繰り返すうちに自然に飲めるようになるという優れものです。

<効果>

少しだけありました。(小声)
使い始めて5日位で吸い上げは出来るようになったのですが、飲み込まずにほとんど吐き出すスタイルです。(なんで。)
この調子で200mlも飲めないよなぁ・・・。

●離乳食用スプーン

baby_syokujikaijo.png

スプーンに慣れてもらうために、離乳食開始を早めました。

<効果>

あり。
きちんと飲み込んでくれる。
ただ、これで200mlっていつ飲み終わる?(震)
すくって、口に運んで・・・の繰り返し。
がんばれ旦那←

しかし、ミルクは拒否。
ここで哺乳瓶&ミルク拒否が確定。

※以下は試してませんが、候補にあがった物たちです。
「哺乳瓶はもう無理だ・・・」と打ちひしがれている方、ご参考にしてくださいまし。


●ピジョン 離乳スプーン

ピジョンにお勤めの友人がこんな物を勧めてくれました。

ピジョン 離乳スプーン 離乳初期から ツルハドラッグ - ツルハドラッグ
ピジョン 離乳スプーン 離乳初期から ツルハドラッグ - ツルハドラッグ

ボトル部分を押すとスプーンの穴から中身が出てきます。
イチイチ“スプーンですくって口元に運ぶ”という作業がないため、ミルクやスープをあげる時には大変便利だそうです。

ぜひとも使いたかったんですが、近所で手に入らなかった&結婚式の直前だったため試せず。
これなら普通のスプーンであげるよりはかなり楽ですね!

●ピジョン マグマグ スパウト

これは、ストローは早いけれど哺乳瓶に近いから吸いやすそうかな?と気になった商品です。

前述のピジョンの友人に相談したところ、以下のアドバイスをもらいました。
「スパウトは哺乳瓶からストローへ移行する間のトレーニングとして使うもの。
 考え方的には哺乳瓶離れさせる時に使う。」

なので、哺乳瓶を拒否する状態だと望みは薄いかも・・・という感じでした。
 
Pigeon(ピジョン) マグマグ スパウト 13702【ポイント10倍】 - リコメン堂
Pigeon(ピジョン) マグマグ スパウト 13702【ポイント10倍】 - リコメン堂

●スポイト

赤ちゃんがお薬を飲む時に渡されることがあると思います。
以前、息子の咳が止まらなかった時に経験ありです。
その時の記事はこちら↓
突然の咳。原因は鼻づまり?A(生後2か月)

以前上手く(?)飲めていたので頼りたかったのですが、この案が出たのが結婚式前日orz
買って試す時間が取れなかったので断念。

しかし、哺乳瓶嫌いの赤ちゃんでもスポイトだと受け入れることは結構あるそうです。
(同じく哺乳瓶拒否経験のある先輩ママからの情報)
これから準備の出来る方はぜひお試しください!

赤ちゃんのお薬飲む専用の物も売ってますね↓

ピジョン スポイトくすりのみ - ORANGE-BABY
ピジョン スポイトくすりのみ - ORANGE-BABY


さぁ・・・ここまで書いてまいりましたが、結果はどうだったのでしょうか。
次の記事で結果と考察をさせていただきます。


スポンサーリンク

posted by てんぷらこ at 23:14 | Comment(0) | 母乳・授乳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月27日

哺乳瓶拒否の対処法A

前回の続きです。

ミルクのみ拒否の可能性もありましたが、哺乳瓶であることが発覚。
(ちなみに結論から言うと、ミルクも哺乳瓶も両方拒否なのでした。)

どうにかして直母以外で飲んでもらえるようにしなければ。
色々と試した方法を書いていきます。

さー、哺乳瓶トライ。おー。


【トライする前提として】
-------------------------------------------------------
・トライするのは1日1〜2回まで。(嫌がり具合を見ながら)
⇒あまりしつこくして、さらに哺乳瓶嫌いをこじらせないように。

・機嫌が良いときにする。
⇒「哺乳瓶」=「嫌なもの」という意識を植え付けない。

-------------------------------------------------------

baby_honyubin (1).png

【@空腹の時に与える。】

baby_honyubin.png

こんな事を聞いたことはないですか?
「哺乳瓶を嫌がる赤ちゃんも、お腹が減れば本能的に飲む。」

お腹が減って腹を満たす手段が哺乳瓶しかなければ、諦めて飲むという事ですね。

諦めてくれる(いい意味で)ことを祈りながら、授乳時間になったらまずは哺乳瓶を与えました。
※空腹でも機嫌が良いとき限定!悪ければトライしません。

<効果>

なかったです。(ちーん)
機嫌が良かったのに、空腹なのもあり「早くパイをよこせやぁぁぁあああ!!」と号泣。
泣きながら胸は叩くはかじりつくわで0歳児に完敗。


【A哺乳瓶を与える相手を変える。】

akachan_father.png

私だと、「それ(哺乳瓶)じゃなくてパイをよこせ。」となることに気付きました。
言葉は通じなくとも、絶対そう思ってる。

ということで、選手交代。
ここからは旦那にやってもらうことに!
(ちなみに私の母も試したけれど効果なしでした。)

哺乳瓶トライの時は、私は姿を隠して遠くから見つめます。

<効果>

なし・・・。
隠れて遠くにいるのに、泣きながらチラチラこちらを見る息子。
気付かれてる。
家にいる限りは気配が分かるみたいです。


【Bママの不在時にトライ】

cafe_window.png

「こうなったら心を鬼にして外出してやる!!」

「私がいるとぷーたは妥協(哺乳瓶)しないだろうから、少し外に出ようかな・・・。」
しんみりした声で旦那に告げる。
これを言い訳に、授乳時間に被るように外出。
何かあったらすぐに戻れるように近所のカフェで待機。

<効果>

なし。なし。なし。

2人の様子を心配しつつ、束の間のゆったりタイムを楽しむ私。
授乳時間も30分ほど過ぎたので、「もしや上手くいったか?」と期待に胸を躍らせる。
すると旦那からLINE。

「トライしてから泣き止まない。帰ってきて。」

一人カフェ終了のお知らせ。


格闘(したのであろう)の末、息子が泣いてすごい状態になっていると。
敵は中々手ごわいです。


【C授乳とは関係ないときに与える。】

ehon_hahako.png

まずは哺乳瓶に慣れさせたい!
でも授乳時だと空腹なのもあり、息子も身構えてしまう。


じゃあ、全く関係ない時にさり気なく(良い意味で)あげてみよう!!
なんか気をそらされてるうちに注射打たれてました〜みたいな。


ということで、絵本の読み聞かせをしながら哺乳瓶をくわえさせてみました。

<効果>

ちょこっっっとだけあり?(どっちやねん)
絵本に夢中なので一瞬咥えかけたのですが、哺乳瓶だという事に気付かれパンチしてました。
「あぶね〜やられるところだった。」って顔しながら。
そんなに単純じゃないんだよ、ぼく。

でも、なんか笑顔だったしずっとこの方法続けたらそのうち効果出たかもしれません。
又は、空の哺乳瓶をおもちゃ代わりに持たせるのも良いかもしれませんね。



むむむ。
こうなったら、哺乳瓶種類を変えるか、哺乳瓶以外の手段にするか。。

すみません、また長くなったので続きます。

スポンサーリンク

posted by てんぷらこ at 00:15 | Comment(0) | 母乳・授乳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月25日

哺乳瓶拒否の対処法@

最近離乳食効果なのか、うんちが大人並みに硬くなってきました。
中々の臭いで初めてトイレに流したよね。
背中漏れしにくくなったのは良いのかなぁ。

今日の話はおむつもうんちも関係ありません。
夫婦で頭を抱えて困った『哺乳瓶拒否』について書きたいと思います。

baby_jyunyu_honyubin.png

【哺乳瓶拒否と乳頭混乱】

『哺乳瓶拒否』は直母で飲み、哺乳瓶から飲むことを拒否する状態です。
『乳頭混乱』はその逆で、哺乳瓶からは飲むけれど母乳を拒否する状態です。

私の場合は前者でした。


【定期的な哺乳瓶練習】

baby_honyubin.png

私は完全母乳育児です。
けれど、生後3か月過ぎまでは2週間に1回位は哺乳瓶で母乳を与えていました。
理由は哺乳瓶を使う機会がいつ来るか分からないから。
私が1人で外出せねばならない時、病気になって薬を飲まなくてはならない等・・・。

しかし4か月頃から哺乳瓶を使うのをやめてしまいました。
理由はそう・・・


めんどくさいから。


「こいつ本当にめんどくさがりだな。」って思った方。
あなたは正しいです。

でもでも搾乳するのも時間かかるし、
直接飲んでもらった方が胸の張りもすぐ楽になるし、
哺乳瓶洗うのめんどく・・・(´Д`)フゴフゴ


定期的な哺乳瓶使用を続けていたら、そしてこの時ミルクも与えていたら・・・結果は違っていたのかもしれません。(大袈裟)


【生後5か月。哺乳瓶拒否、始めました。】

baby_honyubin (1).png

ちょうど息子が6か月になりたての時期に、私が一人で外出する予定がありました。
結婚式への参列でしたので、6〜7時間は家を空けることになります。

旦那と二人でお留守番してもらうわけですが、1番の課題は「授乳」です。
これまで、たまに哺乳瓶を使っても問題なく飲んでくれたので特に心配しておらず。
この時生後5か月。
「一応早めから哺乳瓶の練習しておくか。」という軽いノリでミルクをあげてみたら・・・


ぎゃん泣き。(´◉◞౪◟◉)アレッ?


久しぶりだからびっくりしたのかと思い、再度試すも・・・


首を振ってぎゃん泣き。

明らかに哺乳瓶の乳首を嫌がってる。
口に触れると「うえーっ」ってすごく苦い表情。

10分ほど格闘するも、哺乳瓶が視界に入ると顔を背ける。
口に近づけようもんなら首を横に振って、パンチパンチパ〜〜〜ンチ。(不憫な哺乳瓶)

あまりこじらせると危険だと判断した私たちは、一旦この日は引き上げることに。
この後、夫婦で200mlのミルクが入った哺乳瓶を囲みながら作戦会議を行うのでした。


【哺乳瓶拒否なのか?ミルク拒否なのか?】

kangaeruhito.png

まさかの事態にうろたえる私と旦那。
タイムリミットは1か月弱。
それまでになんとか克服しないといけない。

「哺乳瓶拒否の克服法」としては、

・哺乳瓶の種類を変えてみる
・めげずに何度もトライ
・ミルクの種類を変えてみる


など様々ですが、その前にまずハッキリさせるべきこと。

『哺乳瓶拒否なのか?ミルク拒否なのか?』

「突然ミルクを飲まなくなり哺乳瓶拒否だと思っていたが、ミルクの種類を変えたら飲むようになった!」
なんて話、よく聞きませんか?

私の場合で言うと、拒否する対象が哺乳瓶ではなくミルクの可能性があるという事。
だから、『中身が母乳なら哺乳瓶から飲むんじゃないか?』


翌日試してみました。
40mlほど搾乳して機嫌が良いときに哺乳瓶で与えてみる。
結果・・・


断固拒否。
そして超絶機嫌悪くなる。


哺乳瓶拒否デマチガイナイ。

figure_zasetsu.png


ここからあの手この手で格闘するのでした。
果たして結婚式までに克服できたのか・・・?

長いので次に続きます。

試した方法などご紹介していくのでどうぞお付き合いくださいませ。

スポンサーリンク

posted by てんぷらこ at 23:13 | Comment(0) | 母乳・授乳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。